ボランティア活動等

全戦争犠牲者追弔法要での“すいとんの炊きだし”&募金活動

3月12日(木)名古屋別院本堂にて全戦争犠牲者追弔法要が厳修されました。法要に伴い、我らでらボラNAGOYAでは、炊きだしの練習の一環として昔懐かしい「すいとん」を参詣のみなさまに提供し振る舞いしました。ちなみにわずかな塩味をつけたネギとすいとんだけの昔風すいとん約50食と具沢山の今風すいとん約150食を用意!

3.12

今回は久々に私、大河内がリーダーとなってすいとんのレシピから調理まで指揮をとらせていただきました。とはいってもそこは手馴れた会員のみんな。阿吽の呼吸でさくさくと調理してくれました。みんなさすがです!

3.12-1

 

 

 

 

 

 

さて外は気温もとても暖かく快晴。一時間の提供時間を予定しておりましたが、なんと30分経たずになくなってしまい、配布終了。たくさんの方に「おいしいよ!」「昔を思い出すね」と召し上がっていただき、提供した私たちもほっこりとした気持ちにさせていただきました。ありがとうございました!初めてのすいとん炊きだしでしたので反省点もありましたが、でらボラの新たな炊きだしメニューが一つ増えました!

3.12-2

 

 

 

 

それから当日ご法話をされた荒山淳教化センター主幹に多大なアシストをしていただき、ご参詣のみなさまに支援活動の募金もたくさんお預かりしました。お一人おひとりの、募金に込められた願いを忘れず、生きた支援金として活用させていただきます。

3.13-3

最後に厨房施設からテント設営など、お力をお貸しいただきました名古屋別院さま、誠にありがとうございました。

 

© 2014 Derabora Nagoya. All rights reserved.