ボランティア活動等

チーム竹原

雪あかりで一時保養

日  時: 2013年2月10日〜11日

訪問場所:岩手県西和賀町

活動参加者:竹原、竹原尋、大河内、光楽、浅野

2013年2月10日から11日にかけて、一泊二日の日程で現地支援活動を行なった。

内容は、夏に行なった福島県相馬市立山上小学校の児童、保護者、教員を招いたサマーキャンプの2回目の一時保養として、冬の西和賀町にふたたびお招きをした。活動場所は、岩手県西和賀町である。

名古屋からのサポートとして、地域の「雪あかり」のイベントの裏方のほか、今回は名古屋名物のみそおでんを炊き出しし、振る舞ってきた。福島のみなさま、スタッフ合わせて70名分ほどの食材を用意した。

2013.2.10-1

今回は移動手段として飛行機(FDA、小牧ー花巻)を利用した。炊き出しの場合、食材から調理器具まですべてをワンボックスに詰め込んで現地に向かうことが多いが、今回は調理器具を現地で用意していただき、また食材などはなるべく現地で消費するという形をとることができた。その為体力的にも余裕があり、楽しい活動ができた。メンバーは隊長竹原さんを中心に5名が参加した。

2013.2.10-2

みそおでんのコック担当は光楽くんが担当した。お寺のお斎に出す甘みそのレシピをもってきてくれ、大根、たまご、もちきんちゃく、ちくわ、ソーセージなどのおでんを堪能していただいた。みなさんおいしいと喜んでいただき、疲れも癒される思いがした。

2013.2.10-3

現地はやはり豪雪地帯であり、福島県のみなさんも驚いていた。サマーキャンプで見た広也かな草原が2メートルの雪の壁になっていた。

© 2014 Derabora Nagoya. All rights reserved.